美容外科クリニックでコンプレックスを解消してもらいましょう

痛みを抑える

女医

福岡にある美容外科クリニックで、美容整形を受けたいがどのぐらい痛いのか分からないため、なかなか挑戦することができないという人は多く存在します。綺麗になりたくても、強い痛みがあると一歩を踏み出すことができません。そのため、まずはどの程度の痛みが生じるのか医師に確認してみましょう。福岡にある美容外科クリニックでは、脂肪吸引の場合感じる痛みは、施術後に起こると言われています。気になる部分の脂肪を専用の機械で吸い取り除去することができる方法で、施術の前に部分麻酔を使います。部分麻酔を使っているため、施術中に痛みを感じることはほとんどないでしょう。しかし、麻酔が切れた後は筋肉痛のような痛みを感じる人がいると言われています。痛みは施術当日が最も強く現れ、翌日から徐々に落ち着いてきます。脂肪吸引の場合、麻酔が切れたとは頓服剤などを使って痛みを抑えることができます。脂肪吸引以外にも、福岡の美容外科クリニックでは鼻の美容整形や、ボトックス注射、ヒアルロン酸注射などを利用しています。鼻の美容整形は、メスを使う方法と使わない方法の二つで痛みのレベルも異なります。メスを使う施術方法の場合は、多少の痛みが続くと言われているためダウンタイムが必要になってきます。しかし、メスを使わない方法なら痛みを抑えることができダウンタイムを短くすることができるため、気軽に挑戦できる方法で一度試してみたいという人は、こういった施術方法を選んでみると良いでしょう。ヒアルロン酸注射やボトックス注射の場合は、注射をするときに生じる痛みぐらいで、後は痛みをあまり感じることはありません。注射も苦手だという人は、福岡にある美容外科クリニックの医師に相談をして、麻酔クリームなどを使ってもらいましょう。麻酔クリームを塗ることで痛みをある程度抑えることができます。メスを使った施術方法に挑戦したいという人は、技術レベルの高い麻酔医がいるクリニックを探してみて下さい。麻酔医の腕が良ければ、術中に痛みを感じる心配はないでしょう。

Go to Top